サービス概要

次亜塩素酸水無料にてお譲りしています。

※6/2現在新型コロナウイルスへの消毒効果の有効性は確認されていません。配布は続ける予定でおりますがご利用は自己責任にてご利用ください。
業務用に仕入れているものと自社の生成器でも作っているため、ぜひ利用して皆で感染拡大防止に努めましょう!!
配布場所は各店舗前と現場に設置してあります(店舗は営業日のみ)。次亜塩素酸水は自社生成のものも含め、有効塩素濃度最大で100ppmに調整してあります。
紫外線に当たると分解して水に戻ってしまうため消費期限が短いので必ず冷暗所にて保存してください。
お一人様500ccまでとなりますが、無くなり次第また補充しに来てください。

東京店と横浜店での次亜塩素酸水の無料配布

各塗装現場にも設置

各塗装現場に設置(無料配布)

お客様ご承諾のもと、各現場に設置してご近隣の方々に使用していただいています。
> 詳しくはこちら

現場設置した次亜塩素酸水入りのポリタンク

現場設置例1

現場玄関前に設置の遮光性アルミ袋に入れたポリタンクと噴霧器

現場設置例2

各塗装現場の使用例

現場管理者が検査等で現場に訪れるタイミングでは、噴霧器を使って玄関ドア周りを除菌サービスしています。
> 詳しくはこちら

玄関回りを除菌消毒

各現場で次亜塩素酸水を噴霧

玄関前除菌噴霧

現場のご近所に限り玄関回りを無料噴霧サービス

次亜塩素酸水について

次亜塩素酸水とは?

1、次亜塩素酸水は水と塩などと電気分解して作られる酸性電解水です。
酸性のため皮膚粘膜に対するダメージがほとんどないことから、手洗いなど直接肌に使用できます。目には使用しないでください。 次亜塩素酸水には生成過程において種類があります。
現在東京店で使用している次亜塩素酸水はPH2.7~3.3までの強酸性次亜塩素酸水と弱酸性次亜塩素酸水です。有効塩素濃度は50~80ppmです。

2、「次亜塩素酸ナトリウム」は漂白剤(ハイターなど)として有名です。
次亜塩素酸水と次亜塩素酸水ナトリウムは異なります。次亜塩素酸ナトリウムは希釈して消毒剤としても利用できますが水拭きが必要になります。

3、「アルコール系除菌剤」は一般的に広く普及しており、主に手指などに用いられます。
広い場所での殺菌消毒には火災の危険性があり新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、仕入れコストも高騰しています。

次亜塩素酸水
※強酸性電解水
次亜塩素酸ナトリウム
※塩素系漂白剤
アルコール系除菌剤
除ウイルス効果
除菌効果
※次亜塩素酸ナトリウムの80倍
空間除菌 ×
※人体に有害のため
×
※可燃性が高いため
手荒れ
※皮膚に優しい
×
※皮膚への攻撃性が高い
引火性 ×
消臭性 ×
※塩素臭が残る
×
保存性 ×
※日持ちしにくい
環境負荷
※水に戻る性質
×
※分解しにくい
コスト
※原料が塩と水だけ
×

※ 4段階評価:★=4、〇=3、△=2、×=1

当店で無償でお譲りしている次亜塩素酸水は2種類です。

1、自社生成の次亜塩素酸水 (弱酸性・電解水)
2、購入品の次亜塩素酸水 (弱酸性・電解水)

自社生成中の次亜塩素酸水

1、食塩+水

  • 消費期限が短い(そのため流通できない)
  • 基本濃度が60~100ppmと希釈しないで使用できる。
業務用次亜塩素酸水の箱入り20リットル

2、食塩+水+添加剤やその他化合物

※PH調整剤、炭酸ガス、焼成カルシウムなど。

  • 添加剤などを入れると濃度を高く保てる
  • 濃度が500ppmに達するため消費期限が長い
  • 希釈する必要性あり

有効塩素濃度試験紙にて計測しています。

ともに安全にそして有効に使用できるように、お譲りする場合も現場にて使用する際も、有効塩素濃度試験紙にて計測しています。

1500ppmまでの有効塩素濃度試験紙
有効塩素濃度試験紙を使った次亜塩素酸水の測定
自社生成の次亜塩素酸水を測定中
PH試験紙

有効に使用するためのご注意

人体に安全で除菌消毒にも有効な濃度にした次亜塩素酸水の保存は、冷暗所で最大1週間程度です。

※ 次亜塩素酸水は食品添加物にも指定されており人体には安全ですが、有効消費期限などは各自の責任においてご利用をお願いいたします。

  • 汚れなどの有機物に反応して水に戻ってしまうため、容器はきれいに洗う
  • 冷暗所に保存必須(紫外線に弱い性質があります)
  • 人体に使う場合、濃厚な次亜塩素酸水は希釈する
  • 手指や物など対象物に直接スプレーする(ティッシュ等に染み込ませて使うのは厳禁。ティッシュに触れた時点で水に戻ってしまう。)
  • 鉄製品の長期間の連続使用は錆びる可能性があるのでご注意ください。

次亜塩素酸水と石鹸の除菌効果